汐留パートナーズ税理士法人

税理士・会計事務所をお探しなら港区新橋の総合会計事務所【汐留パートナーズ税理士法人】

日本語English中文
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 法人・個人事業主のお客様
  • 個人のお客様
  • ご挨拶・メンバー紹介
  • 事務所概要
  • 各種料金表
汐留パートナーズグループ
  • 汐留パートナーズ株式会社
  • 汐留パートナーズ税理士法人
  • 汐留社会保険労務士法人
  • 汐留行政書士事務所
  • 汐留司法書士事務所
  • 汐留海事法無事務所
  • 汐留特許商標事務所
  • 汐留プロパティ株式会社
  • 汐留パートナーズCEOのBLOG
  • 汐留パートナーズ税理士法人スタッフのBLOG
  • 汐留社会保険労務士法人スタッフのBLOG
  • 留司法書士事務所 所長ブログ&コラム
  • 代表弁理士 林裕己 所長ブログ&ニュース
  • 汐留パートナーズニュースレター
  • 汐留パートナーズ税理士法人 採用・求人サイト
関連サービス
  • ファンド設立.com
  • セカンド・オピニオン
その他関連サービス
  • 汐留カフェ&ダイナーem
  • 東京汐留相続サポートセンター
  • Amazon Service Provider
  • One-stop Outsourced Accounting & Law office
  • 納税管理人&出国税
  • 法人保険・節税対策のことなら株式会社汐留総合研究所
  • 芸能人・スポーツ選手の為のプライベート税務顧問サービス
  • 汐留米国公認会計士事務所
グループインフォメーション

東京港区(新橋/汐留)の若手税理士・公認会計士・弁護士・社会保険労務士・行政書士・海事代理士等を中心とした専門家集団

■汐留パートナーズ株式会社
■汐留パートナーズ税理士法人
■汐留パートナーズ法律事務所
■汐留社会保険労務士法人
■汐留行政書士事務所
■汐留海事法務事務所

【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら

Google Sitemaps用XML自動生成ツール

●一般労働者派遣事業の許可に関する監査証明業務・合意された手続業務

 職業安定局長による通達によりまして、一般労働者派遣事業の許可基準が2011年10月1日から見直されました。免許更新に当たり公認会計士による監査証明が必要になる場合があります。

1.財産的基礎に係る要件
 2009年10月より基準資産額(≒純資産)は1000万円から2000万円に、現金預金額は800万円から1500万円に、それぞれ引き上げられることとなっておりますが、不景気の影響により年度決算書で上記の要件をクリアできない事業主が非常に増えております。従前は財産的基礎に係る要件がクリアできない場合の取り扱いが少々曖昧でしたが、今回の改訂によりその点が明確になりました。

2.公認会計士・監査法人による監査証明
 財産的基礎に係る要件がクリアできない場合には、中間決算書か月次決算書を作成して、公認会計士・監査法人による監査証明を受ける必要があります。当然のことながら、増資等で財産的基礎に係る要件をクリアした上で公認会計士の監査を受ける必要があります。

3.合意された手続実施結果報告書
 監査証明の代りに当面の間、「合意された手続実施結果報告書」による取り扱いも認められています。詳細は割愛しますが、監査証明業務はかなり大変な作業になりますので、弊事務所では「合意された手続実施結果報告書」をお薦めしております。

 いずれにしても、更新のタイミングを逸しますと、事業を継続できなくなってしまうのでとても重大な影響がございます。汐留パートナーズ税理士法人では、公認会計士による監査証明業務等を行っておりますし、一方で財産的基礎に係る要件をクリアするためのアドバイスもさせていただきますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

メール  03-6228-5505 
------------------------------------------------------------------
◆汐留パートナーズグループのfacebookファンページに「いいね!」をお願いします◆

ページトップ